関連会社

ALPHA FOLKS株式会社

(アルファ フォークス)

代表取締役 関口 英樹


業務内容

1、社外パートナー面談制度

御社の社員と面談し、御社の現状把握と課題を吸い上げ、経営者と社員との立場の違いによるギャップを埋める役割です。

・社長には言いにくいが、会社に対し提言をしたい
・ハラスメント等、問題が大きくなる前の芽が小さいうちに摘み取りたい
・会社の理念・方針等を、社員に周知させたい
・ある日、突然辞めてしまう前に、相談してほしかった

こういったことは、普段は社外にいて、毎日顔を突き合わす立場でない社外パートナーだからこそ、できるのです。
社員の目の届かないところで、会社の発展、従業員の生活を守るため、いかに社長が努力しているのか。社長自ら口にするのは抵抗があることを伝える役割は、社外の第三者が適任なのです。

<どうやって面談するの>
毎月1回、御社を訪問し、社長や社員との個別もしくは集団面談を行い、第三者を介した双方向のコミュニケーションを進めていきます。

<会社のメリット>
・社長の考え・方針等を、社員に周知できる。
・社員が抱えている会社がより良くなるための意見を聞き出せる。
・経営者と社員との、立場の違いによるギャップを埋めることができる。
<社員のメリット>
・自身の強みと弱みを把握でき、業務に行かせる。
・自身で抱えていて社長に言いにくいことを提案できる。
・会社が自身に期待していることを把握できる。

2、社外相談・通報窓口制度

社員が心の奥底に抱えている御社の問題点を、客観的・中立的な立場の第三者に相談・通報できるシステムです。

<会社のメリット>
・裁判所・労基署等の外部の機関が介入し、事態が悪化する前に対処できる。
・社員の抱えている課題・問題を把握することで、働きやすい環境を整備することができる。

<社員のメリット>
・社長や監督官庁等には相談しづらい内容も、相談・通報できる。
・相談・通報した際の不利益はない。
・業務とは全く関係ない私的な案件も相談できる(この場合、守秘義務により、相談内容は会社に通知されません)。

<社員には制度の存在をどのように周知させるの>
「御社の掲示板に掲示する」「毎月1回、当社から御社の社員に一斉メールを送信する」等の方法で、御社の社員に制度の存在を周知致します。

料金

月額5万円~


社名「ALPHA FOLKS株式会社」について

ギリシャ文字の一番初めの文字であることから、「一番」を意味するALPHA(アルファ・α)と、「仲間」や「皆さま」を意味するFOLKS(フォークス)。当社と関わっていただいた方々にとって「一番の仲間」でありたい。「皆さま方が一番」。ALPHA FOLKS(アルファ フォークス)という社名には、そういった意味が込められています。

 

カテゴリー