関口秀樹 社会保険労務士とは、主に中小企業の従業員雇用における社会保険の手続や、労使が安心して働ける職場作りのお手伝いをしています。
行政書士は、相続・離婚など家庭でのお困りごとや、外国人雇用・法人設立手続きなど、会社でのお困りごとをサポートする専門家です。
弁護士・税理士などと同じく国家資格者です。

社会保険労務士・行政書士 代表 関口 英樹

社労士と顧問契約する意義とは

毎年数回、必ず改正される労働法令や、将来もらう年金額に関わってくる社保手続きなどは、国家資格者に一任することで、適正に運用することができるのです。
→詳細はこちら

基本方針「攻防一体の経営支援」

経営や人事に、絶対的に正しい正解などありません。つまり、その会社ならではの手法を経営者とともに模索し、支援することが、役割であると考えております。
→詳細はこちら

基本方針「和をもって尊しとする」

いたずらに力を行使すべきではありません。とはいえ、いざというときには強さを発揮することも必要です。
→詳細はこちら

話題・報告

過去の講演会等の履歴


関口英樹

関口英樹ブログ

「歴史に学ぶ人事・経営論」

FACEBOOK

「歴史に学ぶ人事・経営論」
メールマガジン 登録・解除
お名前(任意):
登録メールアドレス(必修)



解除メールアドレス(必修)

所属団体

社会労務行政書士